サマータイム

 2020年のオリンピックを迎えるにあたって、サマータイムの導入を議論するとのことであるが。
 議論そのものを封殺するのは、ファッショとなるので議論自体は結構である。
 しかし、わたしは結論として大反対である。理由は後で述べる。

 該当インタビューで馬鹿(馬鹿は差別語ではない。詳しくは『全国アホ・バカ分布考 はるかなる言葉の旅路』新潮文庫を参照されたい)が「通勤時間が早くなると電車が空いてていい」とか言っていたが。
 日本全国、通勤時間が早くなるので、電車の混雑状況は変わらないのだ。

 サマータイムによる睡眠障害の弊害もあるらしいが、医学に関してはまるっきり門外漢なので、まぁ置いておく。

 わたしの見える範囲でいうと。
 インフラで言えば、ガス・水道あたりは置いておくとして、電気・電話は時間帯によって料金体系が異なっていたり、ピークを想定している時間があるので、料金体系や運用に関して大きな影響があります。
 交通機関は、すべて影響があるわけで、時間帯によって、一方通行となる個所や信号も影響が出ます。
 もちろん、銀行ATMなどの時間帯もすべて移行するわけで・・・。
 ラジオ・テレビ・新聞・・・マスコミ業界への影響もものすごそう。

 それに対して、コンピュータ関係でシステムに手直しする作業が。今から2年では圧倒的に時間が足りないのだ。
 2002年のみずほファイナンシャルグループの大失敗どころの騒ぎではないことになります。
 コンピュータ業界は、今や圧倒的に人手不足なのですよ。
 いま、コンピュータを目指す若者は、ほとんどがウェブかゲーム業界に入りたがっていて、インフラを担当する若者なんか数少ないのですよ。

 大物ぶった政治家が思いつきで言うのは構わないが、きちんと議論して「やっぱり無理だわ」に落ち着いてほしいものです。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください